2015年5月1日金曜日

ひじき、健康診断の結果

ひじきの健康診断、昨日ウイルス検査結果が届いてようやく結果が出そろったので、記録のため書き残しておきます。
先に受けたしおちゃんは、異常値ゼロと大変良い結果だったのですが、ひじきは、心配な点がふたつありました。


一つ目は、基本血液検査のうち、「グルコース」「ヘマトクリット」「ヘモグロビン濃度」がやや高値であったこと。
でも、これは同封されていたコメントにもあったのですが、大きな問題ではなくて、通院による興奮で一時的に上がったせいだろうとのこと。


二つ目がちょっと問題で、ウイルス検査のうちコロナウイルス(FCoV)抗体価検査の結果が「12,800倍」で、陽性でした。

これに対するコメントが同封されていたのですが、ちょっと良くわからない部分もあったので、とりあえずネットでにわか学習した後、病院に電話問い合わせしてみました。
色々伺って、とりあえず、ひと月後をめどに再検査を受ける、ということに落ち着きました。
これは、この12800倍っていう数値単体だけだと、どの位置におけるものなのか(上昇中なのか、下降中なのか、変動なしなのか等)判断できない(推移が見られない)からだそうです。
ここから推測できる「今の状態」を知っておくことは、飼い主さんとしても安心できることだと思いますよ、と先生。

今のところ、ひじきに特別な症状はでていないので(歯肉炎はあるけどね(>_<))、まずはストレスのない健やかな安定した暮らしを送ってもらうようにして、コロナウイルスがFIPウイルスに変異(=発症)しないように注意を払っていくのが良さそうです。


FIPは発症すればとてもとても大変な病気ですが、今はその段階では全然ないし、そもそもコロナウイルス保有猫さんの90%がFIPを発症しないとのことなので、「if」の心配は無用無用と、今までどおりひじしおとの暮らしを楽しみたいです☆


以下、ネットで調べたことや、先生から伺ったことから、ポイントをメモ。


【ウイルスについて】
  • コロナウイルスとFIP(猫伝染性腹膜炎)について
    NPO法人東京キャットガーディアン附属病院のサイトより
    http://www.tokyocatguardian.org/hospital/fcov.html
  • ↑のサイトを読んでも「解明されていないことが多い」意の記述多い。
    確定診断も難しいみたいです。
  • 「コロナウイルス」が突然変異して「FIPウイルス」(=発症)、この確率は10%程度
  • なぜ変異するのか?はまだ解明されていない (何らかのストレス?)
  • 「コロナウイルス」の感染は比較的容易、「FIPウイルス」の感染はほとんどない?
  • 「コロナウイルス」保有猫率は高めと推測される??


【FIPについて】
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)について
    日本臨床獣医学フォーラム代表)監修 [猫伝染性腹膜炎(FIP)サイトより
    http://www.p-well.com/health/clinic/cat/cat-fip.html
  • ウェットタイプとドライタイプの2タイプあり。
  • 発症すると完治は難しい。対処療法で緩和ケア、延命を図るのみとなる。



*・・ お立ち寄りありがとうございました ・・*
ヒトもネコも往き交う猫ブログ
このご縁がつながり、つづいてゆきますように


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ  

あんがとー!!
 by ひじき


そうそう、ひじしおの現在の体重。
彼ら同じ体重で、4.6キロです。
・・・ちょっと太目ちゃんです。




2 件のコメント:

猫娘 さんのコメント...

コロナウイルスってほとんどの子が持ってるウイルスだし
特に多頭飼いならほぼ100%だって言うし
コロナウイルスがFIPウイルスに突然変異ってのは
たとえ感染したとしても何も症状がでない場合がほとんど。
でも正直なとこFIP発症のメカニズムって
100%解明されてる訳じゃないので
まだまだ分からない事が多いのだとビビ太の時に先生から聞きました。
ビビ太は産まれた時から親に初乳も与えられず
栄養失調の日々だったみたいだから特別弱くて
初乳から得ると思われる自己免疫力ってのがなかったのだけど
だからFIPなんて病魔に襲われたんだと思うんだけど〜。
うちも全員コロナウイルス持ってるけど
発症したビビ太と同居までしてたけど
でもみんな元気で問題ないし〜!
それに抗体価検査値ってのもすごく変動が多い数字みたいなの。
だから心の隅に止めておくだけで大丈夫だと思うよ〜

点々子 さんのコメント...

♪猫娘さん♪

こんにちは。
ビビ太ちゃんのことを教えてくれてありがとうございます!

猫ブロ友さんのブログでFIPのことを読むことはあっても、具体的にどんな条件が揃うとそれと診断されるのかって、よくわからなかったんです。
たしかに、自分でも今回ネットで調べたりしても、コロナウイルス自体はほとんどの猫さんが保有してるってありました!
ただ、健康な猫さんの場合、ウイルスが「血液」から検出されることは無いんだって(抗体はあるけど)。だから、血液サンプルでウイルスコロナの遺伝子検査が有効とも聞いたの。

でも、コロナウイルス陽性だからってFIP発症するの??ってところが依然として謎。やっぱり、FIPは分からないことが多いんですよね。。

ビビちゃんのように乳幼児時代の栄養状態が悪いことも、大きな原因になるんでしょうね。
自己免疫力かあ・・それって赤ん坊のときのおかあさんとのスキンシップから得るところもあるのかなあとか思うと(ただの妄想だけど。。)、なんだか切なくなります。

色々心配ではあるけど、確率的にもちょっとわからないことを「どのように」心配すべきかも分かんないので、検査(抗体検査の方)を今月末受けてみて推移をとりあえず確認し、あとは、臨床症状に良く注意する、かなあーと思いました。
また状況がかわれば考えたいです。

気にかけてくれてありがとうございました!!