2014年6月28日土曜日

ワクチン2014

少し早かったのですが、
2にゃんそろって、3種混合ワクチンをうってもらってきました。

体重は以下でした。

ひじき: 4.3キロ
しお : 4.0キロ


こうなってくると、前回自宅で量ったアレ()はなんやったの?
という話に・・・(差異がありすぎる)

納得のできる説明をするならば、
「点々子は簡単な計算もできないです」ということに ^^;
ペット用の体重計の購入をマジで検討中です。

検討と言えば、新しいキャリーも欲しいとおもっています。
2にゃん一緒に入れるような大きいの!


前回もそうだったのですが、別々に運ぶと
往路、ひじきが大層悲愴な声で鳴くものだから
ひとつキャリーにぎうぎうと、猫がつまってます。

玄関から車までは、別々に連れてきたんですけどねー。
(しおは、ソフトバッグに網ネットを被せて蓋をしたもので代用。)



すこしでも狭苦しいのがマシになるように、蓋を開けておきました。

しおが、わたしの膝に来るためにひじきのそばを離れると
すぐにひじきが、しおを呼んで鳴くもんだから、

しおは膝とキャリーをいったりきたり、
そんで、ひじきの毛繕いもしてやって落ち着かせなきゃいけないしで
とっても大忙しでした。
狭いもんでねー、ずっといると暑いみたいです。
注:わたしと猫さんは後部座席に。


そーゆー様子をみて、こりゃ新しいキャリーが必要だと改めて思いました。
有事の際、これじゃあなんともならんだろうし。



さて、診察では2にゃんともとても良いこ(固まってるだけともいう)で
ワクチンも難なくクリアー。
ひじきがキャリーにもどるときちょっとゴネたので
わたしの肩がいまちょっとひりひりしてます。

ワクチンですが、複数回目でむしろ調子を落とすケースもあるらしく、
今日明日はよく様子をみててあげてください、と言われました。


おまけのプレゼントして、センスをいただきました。
ワクチンメーカーさんマスコット?の黒猫さんの絵がけっこう可愛いです。











<覚書>

診察では、「ワクチン」と「血液検査」をお願いしたのですが
掛かりつけの獣医さんの、たぶん、方針というか考え方・・なのか、
まだ若いので、ということで、結局ワクチンのみとなりました。

あと、今回ひじきに関して、ある心配事があって
またそれもあって、「血液検査」をと思ったのですが、
先生に相談して出した結論としては「様子見」ということになりました。

心配事の原因として、相当低いがある可能性があるにはあり、、
でもそれが分かったとしてそれを取り除くための措置は取るのか?
と問われ・・・

リスクがかなり高いと、素人でも思う、意味のある開腹でないなら
現状どおりでいきたいと思う・・・

ならば、いまの時点で検査をするメリットがあんまりないのでは
と、このような話をしました。

オットもそうですが、先生はわたしの過度な心配では?と思っているご様子。
わたしも、心配しすぎはむしろ良くないと思うので、今できることは
やっぱり観察なのかなあ・・・と。

とはいえ、病院もきちんと視野に入れて(場合によっては2ndオピニオンも)
2にゃんのようすの観察を続けていくつもりです。



てんてんこねこを訪ねてくださってありがとうございます
ひじきしお☆

よろしければ、ポチッと投票をお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ 

4 件のコメント:

しめじ さんのコメント...

わ~!いつの間にか、いっぱい更新されてる~(@^▽^@)
かんてんぱぱの商品、全国どこでも売ってると思ってました(゚o゚;
カルディみたいなお店には必ず置いてあるハズですよ~

ひじきくんしおちゃん、病院お疲れ様でした~!
ふたりともお利口さんでワクチンできたんですね!
うちも同じワクチンです!せんすのオマケいいな~!この黒猫MIO大好き!

キャリーバッグにぎゅうぎゅう詰めになってて可愛い(≧∇≦)
ホントに仲良しですね!
ひじきくん、心配事ですか!?
たとえば、エイズとか白血病とか伝染性のものならすぐに血液検査をしてもらえると思いますが、先生の判断で血液検査が必要に迫られているわけでは無いということなんでしょうね…
様子見ながら、ちょっとでも気になる変化があったらすぐに病院に行くようにして、点々子さんの中でそれでも不安が広がるようでしたら違う獣医さんに診てもらうとか…獣医さんはちょっとした心配でも何でも気軽に相談出来る方が良いですよね
長くお付き合いされるわけですからね(^v^)
とにかく、点々子さんの心配が取り越し苦労で終わりますように!!

Anne さんのコメント...

一杯更新されていてビックリ!体重が軽くてビックリですヽ(^。^)ノ
ワクチン、お疲れ様でした!災害の時を考えると一人で連れていけるものが良いですよね!わが家にはキャスター付の大きなキャリーが2ツあります。両方ともキャスター付で犬も大丈夫な大きなもので、1つはリュックになるので、それは背負って、もう一つはエサ入れ?避難所ではケージの役割をして貰おうと思っています。実際大変だろうなあ(^_^;)でも、環境省がペットも一緒に避難所に避難して良いと言ってるので、ケージ代わりは必要だと思って、四角い大き目なキャスター付も用意してあります!
血液検査って、採血をするだけだけど、良くないのかなあ!
健診で採血してるけど良くないのかちょっと気になる(-"-)

点々子 さんのコメント...

コンスタントに記事をかけばいいんでしょうけどねー。
なんか、時間があって、かつ書きたいことがいっぱいあると
はやく公開したくって(予約とかにすればいいんでしょうけど)、
でも、反動で、しばらくパワーダウンするとおもいます。 ^^;

しめじさんのかかりつけもおんなじメーカーさんなんですね~。
去年からこのメーカーさんに替えたみたいで、
連絡葉書やワクチン証明入れもかわいいので、ほくほくしてます。
扇子は、季節柄のおまけなのかな?それともたまたまなのかな?
しめじさんもおまけがあると良いですねー。

はっきりブログに書いてないのに、心配をくださってうれしいです。
ほぼ、わたしの取り越し苦労だと思っています。
今は様子も変わったし・・・普通に考えたら絶対ありえないんですよ。
(また整理してブログにもかけるといいなって思ってるんでけど)

今の病院はちょっと遠くて・・というのもひじきの拾い主さんの
掛かりつけにそのまま通っているからなんですけど、
一度病院を近所に変更しようといろいろ調べてたんですが、
諸々の条件に合うところ(一番はわたしが歩いて、もしくはバスで一駅くらいで行けるところ)が・・・・ちょっと、先生が嫌だなあと思って。
有名な方みたいですが、わたしがあり得ない!と思う手術を推奨してたり、猫のお医者としては人柄もよいと聞くのですが。

そんなわけで、まだ若いからしばらくは今のところでいいかと。
病院をかえるのに、オットがあんまり乗り気じゃないのもあってねえ。
不満がないなら今のままでいいじゃん、とか言われるとねえ。
たしかに不満ではないのですが・・・。

(あ、万が一の救急時、深夜もやっている市内の病院は場所や
様子はリサーチすみです。)

点々子 さんのコメント...

反動で、しばらく更新が滞るかも~?

体重、軽いですかね?
でも、まだひじきが一才頃だったか、骨格から考えると「子デブ」ちゃんだって言われました ^^;
しおも、皮下脂肪がすごいと言われたことあるし ^^;
でも、体のラインはまだ許容範囲。

圭佑くんは、筋肉質で理想的なラインですよね~
マンチカンの標準体重がいまいちわからないけれど、
大き目のねこさんなんでしょうか?

昔、わたしが若い頃、袋から出してポンとほおると
一瞬にしてテントができるの、流行ったんですよ。
それの、ペット用ないかしら!?と探し中です。
たたむと小さいし、災害時、役に立ちそうだと思いません??
あとはやっぱり丈夫な大き目のキャリー。
ソフトにするかハードにするかで迷っています。

血液検査の採決は・・・それほどの負担ではないと思うんですが・・
多分、どこまで覚悟して検査をしますかってことをおっしゃってるんだと
思うんです。
人間の自分も経験あるんですが、病気がわかったとき
特定するための検査ってものすごくいっぱいするし、比較も必要で。
「今健康で良かった」と安心するための検査なら、触診や見た目で
済むのではないの、というを言われてるのかと。(ただし若いうちの話)
もちろん、上でしめじさんもおっしゃってることですが、明らかな症状が出てる場合はこの限りではないと思います。
なので、負担とかそういう話ではないとおもいます。