2013年11月6日水曜日

焦がし縮れの反省


しお、ガスコンロに近づきすぎて

彼女のおひげの、左は3分の1くらい
右はほとんどが焦げて無くなってしまいました
残ったおひげも端が縮れてしまいました


どう考えてもわたしの不注意
ごめんなさい
彼女の顔を見るたびに泣けてしまいます


どうか早く伸びますように
今後自戒のためにここに写真を載せます


写真を見ても泣けてしまうので、これ見て毎回泣いて
不注意はあかんねんで!!と毎回思い知らなければ
しおだって焦がし損やわ。







ここ数日・・・・
というか、エリカラが外れてからだけど
しお、やたらと、禁止されている台所のいろんなところへ上がる。

多分、今までだってね留守中はやってたと思うんですよ、しおもひじきも。
だけど、わたし達の前ではほとんどなかったんだけども・・・
あっても、「ダメでしょ?」と言ったり、じっと見つめたりすると
すぐに降りてたんだけども・・・

なんだろう?何かのサインかな?
それとも、単に好奇心が強くなってきただけなのかな?
しばらく注意して観察してようと思います。


ちなみにそんなしおを尻目にひじきは知らん顔してます。
ただ、キッチン横のベランダにはとても興味はあるようで、
禁止場所には上がりはしないけど、キッチンには入ってきて
ベランダ付近で、まったーりと、たむろしてます。




てんてんこねこを訪ねてくださってありがとうございます
ひじきしお☆

よろしければ、ポチッと投票をお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ 

4 件のコメント:

やらいちょう さんのコメント...

ひげの焼けこげは結構ありますね。
ウチのみどりも一度あります。
火気を使うことの多い冬場は
さらに要注意ですよね!

Anne さんのコメント...

私も圭佑が来たばかりの頃は殆どガスで調理を諦めてました。猫がダメと言われて信用が出来る動物じゃないと思ってたので。
毎日電子レンジのおかず(^_^;)
最近はやっと分かって来たみたいでガスで調理できるようになりましたよ!
それでも、温度が落ちていないガスコンロに乗ってしまったらと思い、
使い終わったコンロには、冷たい大きなフライパンとかまな板とか、未だにそういう工夫はしています。
3次元で暮らしてるのが猫の魅力だし、髭のおこげで済んだことだから
あまりご自分を責めないでくださいね。
これでしおちゃんが学習出来たら、それはそれでこの位で怖い場所が学習出来て良かったと!
やっぱり飼い主が想定を色々しなくちゃなんですけどね!

犬や猫の刺青!日本人の感覚と違って、あちらではタトゥとして簡単に機械で絵柄を入れて楽しむものなので、まあ日本だったらピアスとかの感覚かも。
野良ちゃんの耳のカットは日本でも始まってるしね!

点々子 さんのコメント...

やらいちょうさん、こんばんは。

そうなんですか、みどりちゃんも!
・・・みどりちゃんてば板前修業中の事故かしら、
なんて思ってしまったわたし、かなり落とし噺にはまってる?

でもおっしゃるように、マジでこれから気をつけないといけないなーと思いました。

ひじきと違って、しおの行動パターンてまだ把握できてないですし、
ひじきだって、しおに影響を受けて日々いろんなことにチャレンジしてるし。・・・あれ!?いつのまにここにいるのってことが本当に多いのが猫さん。

点々子 さんのコメント...

こんばんはー。

一夜明けて、とりあえず気をとりなおしてます。
しお、おひげがなくて、走れなくなったらどうしよう!ひじきとの取っ組み合いで弱くなったらどうしよう!なんて思ったけど、大丈夫だったみたい(ヒゲはアンテナだってよく聞きますし・・実際どうなんでしょうね?)

Anneさんは、圭佑くんを成猫になってから迎えられたのでしたっけ。
仔猫だと、とりあえず、徐々にできることが増えてくるのを余裕をもって見ていることが可能だけど、おとなの猫さんは、ハナから、部屋中をつかってそれこそ3Dで動いちゃうだろうから、大変だったろうと思います。電子レンジですかー、時短料理に磨きがかかりそうな気がするけど、並行して調理できないから、案外ガスコンロより不便な気もします。。。お疲れ様でしたねえ。

我が家では、最近までキッチンの入口に簡単な可動式の柵を置いて、ここは入っちゃだめよとアピールしてきたのですが、よく人間が足を引っかけるし、しおが成長してからはあんまり機能しなくなって(追いかけっこで、キッチン→洗面所→廊下をぐるぐる回るから(^_^.))、撤去しました。
それでも、わたしが調理しているときなどは、今は無い柵のところでちょこん、と座ってまっているので、地道ながら柵の効果はあったのかなあと思ったりしています。・・・が、やっぱり、「ここは危ないのよ!」をもっと確実に知ってもらういい方法があればなあと思いますねえ。

耳カット、はじめて聞いたときはびっくりしたけれど、今のところベストな方法なんでしょうね。今までにカットされた猫さんを見かけたことはないのですが。