2013年9月13日金曜日

お味はいかが その2

しおのために取り寄せた仔猫用フード(カリカリ)レポの続きです。
前回は → コチラ


■12ヶ月までの子ねこ用 かつおと野菜味 ミルク粒入り
カルカン
タイ製




今回のお試しではプレミアムフードにこだわらず、
スーパーや薬局でも買えるブランドも試してみようと思い
カルカンを選んでみました。

フードはドライ&ウェットフード混合で与えているのですが
現在ウェットも、カルカンのパウチに落ち着いているので
味に統一感が出て、食べやすいかもいう目算もありました。

(ウェットもねえ、当初はロイカナのベビーキャットを与えていたのですが
だんだん食べなくなってしまいました。。。カリカリよりは食べてましたが。)


開封すると、中には透明の袋が4つ入っていました。
小分けになっているのは扱いやすくていいと思いました。
匂いですが、ニンゲンには、わりといい感じです。
野菜が入ってるかなあという雰囲気がちょっとある匂い。

これは事前のお試しなしでいきなり与えました。
まずまずの食いつきではあったものの
この前のサーモン&ポテトに比べるとやや劣るか。

ちなみに、ひじきは、一切興味なし、です。
まあでも、彼の場合、仔猫の頃にお試しでカルカンのパウチを与えた
ことがあるのですが、そのころからあんまり好きじゃなかったようです。

嫌がらないので、これも暫く与えてみました。
3袋目が終わったところで次にシフト。

例の砂かき動作は、何度か見られましたが、許容範囲です。
しお常用フードの候補によけておくかどうかは・・・保留です。

原材料に穀類が多いのが気になっているのですが
どこでも手に入るというのは利点。
これが『食べられる』ことが分かっていれば、
万が一の緊急の時などに安心です。


次に試したのは、ビューティプロです。


続く




ご訪問ありがとうございます。
↓↓よろしければ、ポチッと投票をお願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ 


2 件のコメント:

しめじ さんのコメント...

うちも、先代のうるめが若かった頃はカルカンよくあげてました(^ω^)
当時は海外のヒルズとかロイカナとか一般には売ってなくて、日本のものを当たり前に食べてました
今はいろんなフードが選り取りみどりだから、猫ちゃんにとっても幸せな時代ですよね~
うるめもひじきも全く好き嫌いがなくて楽ですが、みるくとココアはけっこう大変ですよ(^_^;)
でも、食いつきの良かったものは、しばらく間を置くとまた食べてくれる可能性大です
結局すぐ同じ味に飽きるというのもあるのかもしれませんね!
食いつきがいいとうれしいですよね(*゚▽゚*)

点々子 さんのコメント...

こんにちは!

カルカン、パウチも総合栄養食なので、
保護活動をされていらっしゃるユーザさんも多いみたいですねえ。
(一番人気はロイカナみたいだけど、なにぶん、割高なので
費用がかかっちゃうんでしょうねえ)

わたしが20代の頃、猫を飼っていた友人が、猫のフードは
職場の病院(彼女は動物病院の看護師さんでした)で購入すると
言っていて、ご飯台がとにかく嵩むと言っていました。
当時は、そんなのものか、ふうん、って思っていましたが
しめじさんのおっしゃるような事情もあったのかも知れないなあ
と思いました。さらに昔の話ですからね!

そう考えると、いい時代ですよねえ。

実は、手作り食にも興味があるんですけど、
オットの大学時代の話(寮で飼われていた猫が栄養失調でヒゲが
全部抜けた)があまりにも怖すぎて、思うだけ、ですが。


でもあんまり気にしすぎず、でも多少は気にしつつ、
猫さんが美味しく食べてくれるかを一番に考えていきたいです♪