2013年7月6日土曜日

しおがうちの子になるまでのお話(13) 七日目、転じる。

土曜日。

オットがまたしても休日仕事でいつもどおりの時間にでるため、この日の朝の風景も前日と同じ・・・になるはずでした。

和室の掃除を済ませたオットが『ひじきが中に入りたくて待っとるで、オレ、見ておくし、(和室に)入れてやるよ』といいます。朝ごはんの支度をしつつ、わたしは横目でパーティション越しに和室の様子を窺っていると、しおが和室の戸の前で鎮座して待っています。いったん和室から出たオットからは見えないので、「気を付けて、しおが・・・(和室から飛び出しちゃうよ)」と言おうとしたのが間に合わず、オットが勢いよく戸を引いてしまいました。あ、と思ったときには、しおは既にリビングに飛び出していました。

そして一分後。待ちに待ったしおとの対面なのに、ひじきはしおをじっと見守っています。しおは、初日以来のリビングに夢中になって、探索しています。もちろん、ひじきなんて眼中になく、あっちも、こっちもいろんなのがある!いろんな匂いがする!ああ、こっちの匂いも嗅がなきゃ!!と大忙しなのです。ひじきはそんなしおの後ろについてくんくん匂いをかいだり、離れて座って見守っていたり。なんだかとてもお兄ちゃんぽいのです。暫くすると、噛み攻撃もし始めたのですが、和室のそれよりも、全然緩い感じだし、しおが『いまは探索で忙しいの!!』とばかり、イヤイヤをするとすぐに離してやっています。

オット:『和室に居るときよりもさー、なんか、ひじき余裕かましとらん?』
わたし:『うん。全然違うね。』
オット:『昨日まではさ、一緒にさせるとやっと会えたーって感じで、シツコイ男だったけど。』
わたし:『うん。今、すごくいい感じ。』
オット:『リビング、自分のテリトリー感が強い場所だから、ひじきの場合、却ってリラックスできるのかな。』

しおが来る前、ひじきは和室も出入り自由だったし、そこで遊んでもいたのですが、まあ確かにテーブルの上の水を飲みに寄るくらいで、彼にとってあんまりなじみがない部屋だったかもしれません。つまり、我が家の中でも和室はひじきにとってアウェー感が強い場所だったということ。予定していなかったしおのリビングデビューでしたが、すごくいい結果となり、オットとふたり、良かったねえと喜び合ったのでした。

オットを仕事に送り出した後は、週に一度の念入り掃除を始めました。まず猫部屋。それからルンバと空気清浄器の手入れ。この日は猫トイレの砂総入れ替えの日だったのでそれも済ませます。さらに、和室にしっかり掃除機を掛けたかったので、いったんケージを猫部屋に移しました。そして、家中に掃除機をかける間、しおが怖がるといけないので、ケージに入れておきました。ひじきは猫部屋に居て、しおについてやっています。掃除機の後さらに、カーペットの猫毛取りのため、LDでルンバを稼働させますが、この時点で、しおをケージから出しました。

リビングで毛繕い中のしお

しおはルンバをあまり怖がりません。ひじきは小さい頃、怖がって近づきもしなかったけれど・・。「前から、あんたに興味あったねん♪」とばかり、近づいていくし、ジャンプして飛びかかろうとさえするのでびっくりしてしまいます。もう、半年後のひじきとしおの関係図が見えたというかなんというか。(ひーくん、あんた、間違いなくしおの尻に敷かれているよ・・・。)

わたしがお昼に外出したのをきっかけに、2時間ぐらいの間しおを和室に戻しましたが、それ以外は戸を開け放ち、LDで自由にさせていました。午前中と同様、つかず離れずの距離感、時々噛み付きのバトル。まだお互いに完全に気を許していない感じではあるものの、やっぱり、昨日より格段に進歩しているのは確かなようです。

そして、夕方、わたしに睡魔が襲い、なんと10時半まで眠ってしまっていたのですが、目が覚めるとしおがわたしのお腹の上で、ひじきはわたしの隣で丸くなっていました。今何時なのかすぐには分からず、目に入るのはこの丸くなった猫二匹。そのとき、ふつふつと湧きあがってきた嬉しさをなんといったらいいのでしょうか。くっついて眠っているわけじゃないけれど、手をのばせた届く距離で、おなじ空間で、こうして眠れるなんて、もうこの二匹、大丈夫だって思いました。

翌日はトライアル終了日です。『このまましおにうちの子として居てもらいたい』とメールを出そう、そう思いました。


◇つづき → コチラ


↓↓よろしければポチっと。
↓↓ブログ書きの源です☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

↓↓こちらも、よろしければポチっと。




thank you
by ひじき (=`ω´=)シャキーン✧


2 件のコメント:

mory さんのコメント...

こんにちは☆
この記事をよんで、じーんときました。
点々子さんのうれしいお気持ち、すごくわかります。
うちのもなかとさぶれも
ひじきくんとしおちゃんみたいに
なかよくなれたらいいなー。

今日のところはまだ唸りあっています。

点々子 さんのコメント...

こんばんは。

「もし二匹が仲良くなれなくてもこのままうちの子に」
とオットと話はしていたんです。
でもこうして「仲良し」の兆しがくっきりと見えたのは
やっぱりとても嬉しかったです。

さぶれちゃん、二日目終了しましたね。
環境(moryさんのご自宅)には慣れた頃かしら?
もなかちゃんとさぶれちゃんは今、変化になじもうと
一所懸命なんですね、きっと。がんばれー。