2013年6月30日日曜日

しおがうちの子になるまでのお話(7) 一日目の夜、疑う。

一日はまだ終わりません。


■19:00頃
和室にしお、リビングにひじきと分離していても、ひじきは和室が気になって気になってまったく落ち着こうとしません。和室を開けるとケージにぴったり張り付きます。この頃にはひじきの威嚇は無くなっており、いったいこれ(=しお)は何?という疑問で頭が一杯になっていたようです。

ひじきが興味を持っているし、しおは始終落ち着いていたので(大物だよ~この子は・・)、ケージから出したしおと、ひじきを直接対面させました。2度、時間をあけて行いました。ケージ越しにはもう少し多く対面させました。

ケージ越しにしろ、直接対面にしろ、ひじきはまず、「未知物体」にチョイチョイやる感じでしおに前脚であいさつ?をします(その様子がねえ、飼い主的にかわいらしくってねぇ)。なのに、これがしおにがん無視されてしまうのです(飼い主的にこれがまた不憫でねぇ・・・)。それよりも自分の遊びに夢中。

しおのアクティブさはハンパなく、おもちゃを追いかけて走りまわり、その目指す方向にひじきが「たまたま」いれば、ひじきに体当たりするのですが、所詮はじめから目に入っていない「物体」、つれなく無視です。あ、こっちに来てくれたとばかり差し出されたひじきの前脚が空を舞う・・・。これが飼い主的にまたまた不憫でたまりません(泣)。わたしは見ていないときだったのですが、業を煮やしたひじきが数度猫パンチをしおにくらわしたそうです。それでも、しおは意に介していなかった様子だったそう。




■23:00頃
人間も猫もそろそろ就寝の時間です。しおをケージにいれ、少し迷いましたが和室の戸は開けておきました。ひじきはしおのケージのそばに暫くいたようですが、いつものようにわたしの足元にやって来て、そのまま朝まで丸くなっていました。

長い長い一日でした。


◇つづき → コチラ


↓↓よろしければポチっと。
↓↓ブログ書きの源です☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

↓↓こちらも、よろしければポチっと。



↓↓そして、よろしければこちらも☆
ペット人気ブログランキング
Pet-c.net


thank you
by ひじき (=`ω´=)シャキーン✧


2 件のコメント:

リリン さんのコメント...

こんにちは~。

しおちゃんとひじきちゃんのこれまでのお話を読んでいて、ひじきちゃんは優しいと思いました。

こじろがまだ存命の頃、はじめて、くうとみいに会わせたとき、やはり威嚇しました。
はなとはすぐ打ち解けたのに、こじろはいつまでもかたくなでしたねぇ・・・(笑)

うちでは、住み分けをしました。
こじろは私の部屋で私と寝る。子供達は別の部屋で寝る。
基本的にはそういう感じで、最低限のテリトリーわけをしていました。
その頃三毛猫と黒猫はわたしの部屋には立ち入り禁止でした^^;

ひじきちゃんとしおちゃんは、きっと素敵な日々を過ごすことになるのでしょうね♪

点々子 さんのコメント...

こんにちは!

仲が良いに越したことはないけど、流血したり、(ストレスで)病気にならなければいいのかな、とトライアル中に悟ったの(笑)で、どんな仲でも、二匹が元気だったらそれでといいなと思います。


わたしがリリンさんのブログに辿りついたとき、こじろさんの事故のお話がトップにありました。いきなりで(わたし的に)え!?と思い、記事のこじろさんを想うことばに胸がつまったのを覚えています。それからぼつぼつと読ませていただき、ここのお家の景色には、ずっとにゃんこさんがありつづけてる、そういうお宅なんだなあ、と思いました。

リリンさんのお部屋にこじろさんが居る頃は、他のぎゃんぐさんたちは立ち入り禁止と書かれていたので、もしかして、仲が悪かったりしたのかな?と思ってたんですけども・・年齢差のせいもあったのかな?あ、でもくーたんはこじろさんに憧れてるんでしたっけね(笑)