2013年6月27日木曜日

しおがうちの子になるまでのお話(3) 「妹」の条件

ひじきのお友達候補がおんなのこで仔猫なら、そのこはひじきの「妹」です。
このブログをずっと読んでくださっている方や、実際にひじきに会ったことがある方なら、薄々気づいていると思いますが(薄々どころか確信している方もいるかも知れない)、多分ひじきは猫としてはドンくさいほうです。一緒に遊んでいて、もしも外にゃんだったなら、あんた、狩り下手くそだったんじゃない?と思うこともしばしば。

そんなワケだから、わたしたち、はじめは「妹」にはおっとりしたおとなしい子がいいと思っていました。でも、どういうわけかいいと思う子は、しおにしろ、「気が強い性格です♪」と太鼓判を押されています。「のほほん」×「のほほん」よりも、片方が暴れん坊ぐらいな方が案外うまくいくのかも知れない。理屈ではなくて、どこからかやってくる(きっと猫の国)、「なんだか気に入っちゃった」とぴんとくる例のあれ、あれが物事には重要なのかも知れない。・・・こういう理由づけって、潜在意識で望んでいることを行動に移すための「地固め」なんだと思います、実際のところ。(どうしよう、といいながらも、その実どうするかちゃんと決めているという・・・。)

この頃のしおの名前は「シナモン」。5月16日、わたしたちは、「シナモン」と「シナモン」の兄弟姉妹達が参加するという譲渡会に出向き、彼女と顔合わせをすることにしました。会場への道中、どんなにどきどきしてどんなにわくわくしていたことか。



手前がしお。


写真を撮るのも忘れていたくらいワクワクしていたわたしですが、しおを一目みた瞬間、「・・・・かわいい」。さすがに気が強いと言われるだけあって、腕の中でじっとしていません。後で気づくと腕がひっかき傷だらけでした。全然痛いと感じないんですけどね。わたしの胸のところまでよじ登ってきたしお、じっとこちらをみて(アイコンタクト♪)そのままわたしに体をあずけてきました。あったかいしお。胸のところが体温でじんわりと温まります。そうだよ、このこがひじきの妹でなくてなんとしよう。


トライアルに入れるのは一回目のワクチン接種以降となります。名古屋に戻ったわたしたちは、引き続きメールのやり取りをし、しおのお引越しは『6月9日』と決定しました。こちらの都合もあってタイトなスケジュールとなりましたが、しおは体調を崩すこともなく、無事、お引越しの日を迎えることができました。


◇つづき → コチラ




↓↓よろしければポチっと。
↓↓ブログ書きの源です☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ

↓↓こちらも、よろしければポチっと。



↓↓そして、よろしければこちらも☆
ペット人気ブログランキング
Pet-c.net


thank you
by ひじき (=`ω´=)シャキーン✧


2 件のコメント:

しめじ さんのコメント...

どこのお宅の猫さんも、それぞれに感動のドラマがあって家族になるんですものね(*´ω`*)
ブログは、それを知ることが出来るから本当におもしろいと思います

ひじき君としおちゃんはベストパートナーですね(^ω^)

豊橋といえば!
私の兄が仕事の転勤で20年くらい住んでました
海が近くて魚介が美味しいのよね~♪

点々子 さんのコメント...

しめじさん、こんにちは!

わたしもブログで「うちの子」エピソードを読むの
わくわくして大好きです。
ときに、哀しいエピソードもありますけれど、
それも大事な「うちの子」の思い出ですもんね。
思い出をお裾分けしてもらってる気分です。

県内なんですけど、豊橋、ほとんど行ったことないんですよ。
三河はわたしの出身地の雰囲気に近いので、尾張よりは
景色になじみがあるんですけどねー。

豊橋、豊川、豊田、豊明・・・
いまだに地理関係が頭に入ってこないわたしです。
オットに言わせると覚える気ないでしょって。

でも豊橋=海が近くて魚介がうまいでようやく
覚えられるかも~!?