2013年4月3日水曜日

Q3_非常持出袋に猫用品は入っていますか?


対象:猫飼いの方(現在)
投票期間: 2013年02月12日~2013年03月31日
投票数: 20名




20名の方にご参加いただきました。
ご協力ありがとうございました。

報道を見聞きしていても、3.11以降、防災意識はこれまでになく
高まっているなあと個人的にも思います。
また、「非常持出袋」一辺倒ではなく、たとえば住居全体を備蓄品を
備える場所と考えるなど、「防災」にもバラエティがあるなあと
色々と参考になることも多いです。


さて、アンケートです。

非常持出袋をご用意されている方は75%でした。
実施した時期のせいか、予想より多いと感じました。
うち、猫用品が入っていると回答してくださった方が13名でした。

ということで、災害時の猫用品の備蓄状況ですが
以下のとおりとなります。

  • 用意している ・・・   13名(65%)
  • 用意していない ・・・  7名(35%)


用意している
コメントに書いてくださった猫用品を見るとやっぱり「フード」は鉄板。
トイレ砂等の衛生用品は迷いますが、事情が許せば用意できると
猫ちゃんのストレス値が下がりそうですね。
ストレス値といえば、「おもちゃ」と書いてくださった方がありました。
なるほど・・・。これは早速追加したい思います。

「猫のしかない、猫のがほとんど」と回答してくださった方が2名。
人間と猫、どちらが、といえば後者が災害弱者となる可能性が高いです。
飼い主として、できる限りの準備をしてあげたいなと思いました。


用意していない
「多頭飼いなので共に避難する事が出来ません、そのため非常時も
避難するつもりが無いので家に人間と猫の物を置いてます」

「置く場所や結構お金かかるので」

一緒に避難するかどうか(できるかどうか)、
これは自治体によっても変わってくると思いますが
多頭飼いともなると回答主さんのコメントにあるように「一緒に」
というのは難しいのでしょう。
また一緒に避難できるとしてもそのための準備として
ゲージ等大型のものが必要になり、現実に考えると大変そうです。
いっそ、自宅で待機というのも選択肢にあるのかも・・と思いました。

東日本大震災のとき、飼い猫が逃げてしまい、やむを得ず
フードと水を留守番用の容器にセットして避難された方が
数日後様子を見に戻ったとき、床下から猫ちゃんが姿を見せ、
その容器も有効に使われているのを確認できたそう。
この方の場合、選択肢が無い状態だったとは思うのですが、
自宅で(猫だけ)待機というパターンで、猫ちゃんが災害後の
数日を無事に過ごすことができたわけです。

こういう話を聴いたりなどすると・・・。
本当に色々なケースを考えてしまいますが、
我が家は今のところ1匹だけであるし、「一緒に」という
パターンで準備をしておこうと思います。
(ただし、”マンションに残る”へシフトが可能な内容で)



番外編:
わんこオーナーのポー太郎ままさんからもコメントいただきました。

フードは数回分(試供品の小袋ですが)を持ち出し袋に入れてあります。
(うちは犬なのでいざとなれば私達の食べ物でも)
あと、万が一のために犬の登録番号のプレートは常に本犬につけっぱなしにしています。

そうか・・・わんこは「登録番号」があるんだよね。
厚生労働省さん、猫にも求む!






■参考:アンケート「非常持出袋に猫用品は入っていますか?

■アンケートの背景

昨年、町内会から災害意識調査があり、
ペットを飼っている人を対象にした設問がありました。
「ペットを避難所に連れてくるか?」

回答選択肢として、
「連れて行く」
「連れて行かない(残していく)」
「自分たちも残る」
があったと思います(記憶がもうあいまい)

避難所に飼い猫のひじきを一緒に連れていくのか
(連れていけるのか?)どうかはともかく・・・
ペット生活における災害時のことを
わたしたちは一切想定していなかったので
この調査をきっかけに、とりあえず、
非常持出袋に必要と思われるものを足しました。

地震のみならず台風(大雨)による災害も多いです。
猫飼いはどのような非常持出袋を用意すべきなのか。
どちらかと言えば、中身を知りたいと思いますので
コメントで教えてくださると嬉しいです。
また、猫用品は用意していないという方の
ご意見もぜひ聞かせていただきたいと思います。
(2013.2)



次回は、「Q4_人生最期のとき。愛猫にしたいことはなんですか?」です。
対象:猫飼いの方(現在)
投票期間: 2013年04月14日~2013年05月31日
※終了しました。




読んでくれてありがとう

ランキング参加ちう
クリックで応援してね



にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ


こちらにも参加中↓↓

ペット人気ブログランキング
Pet-c.net


ありがと by ひじき (=`ω´=)✧


2 件のコメント:

may0529 さんのコメント...

震災当時、夫婦二人でまずメイのことを考えました。もちろん一緒に!ということを前提に。でも、臆病だしすぐにパニックになるので、リュックの中には入れようと思います。もちろんフードを持って、そしてあれやらこれやら自分達の荷物も何てことを考えると、逃げられない・・・。
でも、メイは家族!一緒に逃げたい!
だけど、用意はしていないダメな私達です。
大した内容でなくて申し訳ないです!

点々子 さんのコメント...

おはようございます~。
コメント、ありがとうございます。

わたし達、震災当時はオットの家の事情などでまだペットを飼えないなあと思ってたんです。
飼い主さんと離れ離れになっちゃった子に胸を痛めていたくせに、
いざ自分たちがひじきを迎えても、「もしも」とはまったく思いつきもしませんでした、町内会のアンケートが回ってくるまでは。

物理的な準備よりも、「事態を意識しておく」ってことが大事なのかなあと思うこのごろです。