2013年1月13日日曜日

相反する想い

正月実家帰省中利用したかかつけ病院の預かりサービス。
お迎え直後から始まったのは
ひじきのわたしの後追いでした。

ずっと抱っこされていたい訳じゃないのですが、
わたしの姿がちょっと見えない(トイレとか)と大騒ぎします。
また、ちょっとコートを置きにクロークへ、とか
ティッシュを取りに洗面所へ など小移動するたびに
ドアが開いていればひっそりとくっついてきて、
ふっと横を見るとちょこん、と座って待ってるので
びっくりします。
ドアが閉まっていれば、ドアの前で待っています。

ほんと、ちっこかった仔猫時代の再到来!?
ってほどで。


それが、昨日くらいからようやく収まってきたかなあ
と思います。



去勢した子は甘えん坊になると聞くので、
淋しかった反動との相乗効果で、このまま定着なのかな
と思っていたので一安心。

あ、でも、ひじきの声はハスキーボイスのまま定着
してしまっています。(※)
声変わりって・・・猫にはないよね?

※:お迎え時に30分ぐらい大音量で鳴き続け
それからハスキーボイスになってしまいました。。。 → コチラ

パートとはいえ出退勤時間を入れれば
毎日平日は8時間弱程度留守にしています。
その間ひとりで過ごすので、
わたしの後追いがデフォルトでいるようじゃ、
さぞかし留守中は辛いだろう、
と思っていました。

猫はその時々の環境に適応するので
点々子が居ないなら、居ないなりにやってるよ
・・・とオットは思っていると思いますがね。

それでも、実際にやられる方は辛いんですよったら。


でもねえ・・・
わたしの姿を見つけて駆け寄ってくる
あの愛らしい姿がナリをひそめつつあり、
ぽっちり淋しい点々子なのでした。
















2つのランキングに参加しています
ぽちぽち応援お願いします♪
(1日1ぽち/ランキング)


◆にほんブログ村◆ ◆人気ブログランキング◆
1ぽち。
↓↓↓↓↓↓
もう一声!2ぽち。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ


ありがとうございました~♪
お礼にひじきと点々子が伺いますねっ


0 件のコメント: