2012年12月8日土曜日

転機直後

夕方5時ジャスト、病院にひじきを迎えに行きました。
診察券を出し、呼ばれるまでしばらく待ってたんですけど
わたしもオットも落ち着かずウロウロ。
(たいした時間じゃないはずなんですけどね)

呼ばれて診察室に通されますと、まず、
なにやらガーゼが載せられたステンレス製の
トレイを手にした先生が現れました。
もう片方の手にはピンセットを持っています。

もしかして、これって、手術で取ったもの?
それをみせてくださるのだろうか?

予想通りそれは摘出したものでして、
ガーゼをめくって、ひとつひとつ説明してくださいました。
ひじきが自分で見れない分ちゃんとみておかなきゃと
しっかり目に焼き付けてきました。

ついで、術後の注意事項の説明がありました。

  • 投薬
    明日の朝から、四日間抗生物質を飲ませる必要があります。
    この薬で、お腹が緩くなることもあるとのこと。
  • エリザベスカラー
    予想通り着用。
    自宅で一緒にいるときは外しても良いですが、
    傷口をなめるようだったら着用してください、とのことでした。
    でも・・・なめずになんていられるのかな。
    猫ちゃんは体をなめるのが仕事ってとこあるんだし
    ましてや縫われて違和感がある箇所だけに。
    カラーは2週間着用の必要があるとのことでした。
    (予想以上に長いなあ。)
  • 抜糸は二週間後以降。来院のこと。

キャリーケースに入れられたひじきが
看護師さんに連れられて診察室にやってきました。
エリザベスカラーをしていたのでもぞもぞして、
だせーって感じで落ち着きがない様子でした。

車に乗ってから出してあげると、往路よりは落ち着いていましたが
やっぱりにゃあにゃあ鳴いていて、わたしにぎゅううとしがみついてていました。
でも、外の様子に興味をみって、窓に前脚を掛けそうになったり
余裕も少しはある感じ。

自宅到着後、すぐに食事。
やっぱりカラーがあると食べにくそうだったのでそのときは外しました。
終わるとすぐにつけましたけど・・
(だって、やっぱりなめちゃってたし、感染症が心配ですし)

お腹がふくれてひとごこちつくと、今度はカラーの違和感が際立ってきたようで
ひとしきり暴れまわっておりました。
今まで難なく入れてたところに、カラーが引っかかって入れないものかだら
ぎゃんぎゃん怒って、あっちこっちぶつかりまくってました・・・。

すまん、ひじき、こんな目に合わせて。



丸く並んで見えるのはボタンです。
ひじきの場合、一番外側の
ボタンが使われていました。




にほんブログ村に参加中です。

お気に召していただけましたら
ぽちっと応援お願い致します♪

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
ありがとっ♪(byひじき)

ありがとうございました♪
点々子(*^。^*)





佐川トンネルと、段ボールハウスには入れずにいたので
見えて、入れないとストレスもたまるだろうからと
とりあえす、それは納戸に撤去しました。
二週間後に戻してあげるからねー。




【追記】

夜23:00現在の状況。
帰宅直後よりは落ち着いて、カラーにも慣れてきた様子で
今は床の上で伸び~と伸びています。

抱き上げて、肩で抱っこすると、ぐーぐーいって
脱力してて気持ち良さげにしているんですけど、
座ってひじきを肩から膝の上に移動するととたんに嫌がって
床に降りてしまいます。

やっぱり気になるみたいで、何度か創部周辺をなめようとする
そぶりをみせますが、カラーがあるため未遂に。
また、首の回りがかゆいのか後足で掻こうともしますが、これも未遂に。
あ、二重だと苦しかろうと首輪を外すと少しは楽になったみだいです。


ひじき、あきらめてかカラーに怒ったりはしてませんけど、
見ているこっちがいたたまれず、毎回もう少しでカラーを外しそうになる。

ただ、少しずつ距離感の獲得はしているようで、
カラーをつけたままで、餌皿からごはんをうまく食べられるようになっています。
見てて、順応性あるなあと感心したり・・・。

創部周り、ぐるりと剃毛していあるので、どうしても目につきやすくなります。
糸が見えます。睾丸は術前とそんなに変わらない気がします。
ひょっとして、化膿して腫れてるんじゃ?とか色々気になって
そのたびにぐぐってみたり。(数年かけて小さくなるみたいです。)

オットは道場へ道場へ出かけたので、ひじきとふたりきりなんですが
なんとなく心配でお風呂に入れません・・。
最近ではわたしのお風呂についてきて、脱衣室(洗面所)と
浴室(お風呂の蓋の上)を行ったり来たりしていますが、
さすがにしばらくは、雑菌が入らないか心配だし、
締め出すつもりなんですが、そうするとリビングでひとりきりで
心配だし・・・。

あー、オットよ早く帰ってきてくれ~。







0 件のコメント: