2012年10月30日火曜日

消えた豚

猫を飼い始めて初めて知ったことって
結構ある。

本から得た知識だけでは計り知れない
猫属の生態、習慣・・・。

中でも、特に驚いたのは
猫の中には、なんと、自分自身の中に

豚を飼ってる子もいるってこと。

それも少なくない数の子が。


・・・うそおっしゃい。
って、そう思いましたよね。

ええ、ええ、もちろん、
これは比喩。



ひじきを迎えて数日後。
わたくし点々子を驚かせたその音は。


『ふんがっ。ふんがっ。』
『ぐおっ。ぶひっ。』


可愛い顔に似合わないその音。
家では、豚は飼っていないハズだけど?
どっから出てるのっ

耳を疑いましたが
まぎれもなく、ひじきから発せられてる。

これも 『ゴロゴロ』の一種 

後に気づくのだけど、
その時は、鼻悪いんちゃうん?

って本気で心配してしまい、
ワクチンのときに、獣医さんに相談したほど。
先生はお鼻は特に問題なさそうですけどねー
って優しくいってくださった。


この、豚の鳴き声のゴロゴロは、
実はひじきにとっての最上級ゴロゴロらしく、
なんと、オット君はいまだ聞いたことが無い。

そして、先日ふと気づいたのだけど
生後半年を迎えたひじき
この頃めっきり、ブヒ的ゴロゴロは
言わなくなってしまった。

その代り、いわゆる普通のゴロゴロは
しょっちゅう言ってる。
大人になったからかなあ?


思わず笑ってしまう音だったけれど
もう聞けないんだと思うと
無性に淋しく感じる。

寒くなったのでソファに
フリースのブランケットを置きました。

予想はしてたけど
ひじきの指定席になっちゃいました♪




にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
♪友人momiさんとこの実家の猫ちゃんも
すごい声でゴロゴロいうんだそうなー。

♪いつもありがとうございます。
すごく励みになっております
本日もぜひぜひ応援クリック
お願いいたします(ぺこり)
クリックで、ランキングに反映される
仕組みになっております

0 件のコメント: