2012年10月16日火曜日

帰省につき、ひじきは。

実は、今、ひじきをとある場所へ預けています。
その場所とは、ひじきが我が家に来る前に
ひと月間お世話になっていた動物病院です。

というのも・・・
この週末を利用して夫婦でわたしの実家へ
帰省をしており、ひじきを連れて行くわけには
いかなかったからです。

この帰省には昨年末から約束してた予定も絡めており、
(というかその予定をメインに帰省を計画しました)
今年の7月にひじきを迎えたときにも
当然このことは頭にあったのですが
動物病院が預かりサービスを提供してし
こちらへお願いすればいいと軽く考えていました。

ところが、いざその時を迎えると、預けるのが可哀相で、
何とか一緒に連れて行けないか?と
一瞬考えがよぎったのですが、年老いた私の両親
(しかも猫嫌いと来てる)にいらぬストレスをかける
ことはできん、と秒殺でオットに却下されました。
まあ、長旅はひじきにもストレスだし
もともと現実的は話ではありません。

猫の本を読むと、『二泊までならお留守番は可能』
と書いてあるのですが、まだ生後半年にも満たない時期だし
これは最初から選択肢にはありませんでした。
ペットシッターにもやっぱり抵抗があるし・・・
といった調子で消去していくと、やっぱり
預かりサービスの利用しか方法はありませんでした。



捨て猫だったひじき。

わたしに捨てられたと思ってやしないか。
環境が変わって弱ってやしないか。
ケージと比較したら広めではある猫部屋に慣れた身で
ケージにストレスを感じてやしないか。

きっとすべてイエスに違いない。

家路を急いだ今日、オットに胸が痛いと訴え
そういう気持ちにはならないのと言ってみました。

答えは「いいや」
なぜなら、多少不便はある環境かもしれないけれど
ちゃんと病院で面倒を見てもらっていると思うし
今まで連絡もなく、問題は発生していないだろうから。
わたしだって、理屈ではそうと分かってるんだけども・・・。


明日(日付はもう今日ですが)、ひじきを迎えに行きます。


病院の診察時間の関係上、
夜遅く戻ってきた本日中のお迎えはどうしても無理で、
最初は明日の夜、仕事が終わった後にふたりで
迎えに行こうと言っていたのですが
この一日余分の時間がどうしても可哀相で
わたしがさらに一日仕事を休むことにしました。
(え、二日も休むの?的なリアクションをとられましたが
一切気にしません!!)

オットが仕事で使うため車がないので、
公共交通機関を利用してのお迎えです。
帰宅したら、一日中一緒にいてあげようと思います。


◆翌日のひじきとのご対面?気になる方は → コチラ 



にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
♪ひじきがわたしのことを覚えているか
というのも実は心配だったりします。


♪いつもありがとうございます。
すごく励みになっております
本日もぜひぜひ応援クリック
お願いいたします(ぺこり)

2 件のコメント:

ポー太郎 さんのコメント...

こんにちは。ひじきちゃんは元気でしたか?うちの猫は、路上→私の家 だったので獣医に預ける時は大変でしたが、ひじきちゃんは久しぶりに親切なおじさんのところにお泊まり、みたいな気分だったら良いなと思います。私も今日は退院できそうです。

点々子 さんのコメント...

♪ポー太郎様

こんにちは。
心配してくれてありがとう!
一時間ほど前に戻ってきました。
今、元気に走り回っています。

今日退院なんですねー。
おめでとうございます。

わたしも経験ありますが、
退院=もうすっかり元気なのね!
と周りからも言われがちなのですが
まだまだ身体はダメージから回復しきってないと
思うので、ポーちゃんと戯れながらしっかり
養生してくださいね!