2012年8月11日土曜日

二回目のワクチン

今日は、ひじき二回目のワクチンでした。
子猫の場合、はじめてのワクチンは確実な免疫を作るため
ひと月あけて二度接種するのだそうです。
前回の接種は7月14日でした。

今朝からひじきは絶好調で、
ちょっといたずらっ子的な振る舞いしたら、オットに
『ひじき~、おまえ、もうすぐ怖い目にあうんだぞ~』
などと脅されておりました。
(そんな、いじわるいって怖がらせてどうすんの。。。)

オットの常備薬が切れてたので、
まずは人間の病院へ行った後、
かかりつけの動物病院Oクリニックへ連れていきました。
キャリーケースに入れられた時から
車で移動中もずっと、にゃあんにゃあんと喚いていたひじき。
前回の病院の記憶があるのか、
キャリーの中がよっぽどいやなのか。
まあ、両方かな?

ひじき担当のI先生は、
とってもやさしい雰囲気のある男性の先生。
ひじきが保護されてから、わたしたちのもとへやってくるまでの
ひと月以上もの間、こちらの病院でお世話になっており、
すっかり顔なじみのスタッフさん達なんですけど、
ひじきは覚えているのかなあ?
引き取り日に、看護師さんが、
『猫ちゃんはすぐに忘れちゃうから』っておっしゃってましたけど。

診察時、前回の下痢のときの経過報告と、
現在気になっている点として、二度おしりから出血があったことを報告しました。
出血と聞いて、ややびっくりされた顔をされたので、あわてて
二度とも、ウンチがでっかくて、どうも切れちゃったため・・・
と思われることを補足。
でも、膿んだり(猫も痔になるのかな?)してないか
心配なので確認してほしい、と。

膿などの問題は無かったのですが、
おしりチェック(綿棒を肛門挿入して便チェック。ひじきはこれが超苦手)
では、便の色とゆるさを指摘されました。
元々、胃腸が弱い傾向があるとは言われてたのですが
確かにここ数日は緩めの傾向が。

便の色が白い=消化酵素が少なくて未消化の状態
とのこと、ひじきもこのタイプだろう・・と。
前回の下痢のときのお薬(整腸剤)をしばらくの間飲ませることに。
食べ過ぎも良くないそうです。
あとで、オットが『俺とおんなじだ』とぼそり。
うん、わたしもそう思ったよ。

そして、いよいよ、ワクチン接種。
前回以上にぎゃんぎゃん喚いており、しばらくぐったりしてました。
痛い注射、良く頑張ったねえ、ひじき。
今日は、激しい運動を避けなくちゃならないので
早めに猫部屋に入れて、ひじきのひとり運動会開催を阻止しなくちゃ・・・。

病院終了後は、ほか弁で昼食を調達し、
帰宅後、人間も猫もランチタイム。

お腹いっぱいになったところで午睡とひじきをみて
オットが、『俺も寝よ』と言って、クッションを持ってきて床にごろり。

すると、ひじきが、やおら立ち上がり・・・
オットの脇の下に寄り添って横になったではありませんか。


ぎゃああんっ、かわゆいっ。
ひじき、かわゆいよ。

といいつつも、くっつかれたのが自分じゃない悔しさで
ジェラジェラなわたくし。 
我ながらなに対抗意識もやしてんのって感じですが。

わたしも寝転がるとどうなるんだろ?
と思って試すと・・・

10秒後にはわたしのお腹の上にやってまいりました。(#^.^#)
そして、しばらくすると胸のほうへ移動してきて、
前足をぐうーんと伸ばして、だらんとなってご就寝。
わたしが、どや顔でオットを見やったのはいうまでもありません。
オットはそんなわたしにただ呆れてますけど。


今、すごい雷なってますよね。
ひじきは結構平気みたいです。
素知らぬ顔で昼寝を継続してります。


わたしの胸でのご就寝から

わたしの顔横

起床したわたしの膝の上

じゅうたんの上

の順に移動して、お昼寝継続中。









にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ

♪ワクチン注射、よく頑張ったねえと思ってくださった方
ぜひ応援ポチお願いします







0 件のコメント: