2012年8月30日木曜日

ひじきがうちの子になるまでのお話(5) お見合い

お見合いの日取りを決めた後、わたしは図書館で本を借りてきました。猫についての本です。会ってから決めるといいつつも、わたしの心の中では「引き取る:99%」ぐらい。そして、口では厳しいことを言っていたオットも、実は同じ思いだったのではないかな、と今では思っています。お見合いの日は、この時からおよそ二週間先の土曜日。わたしは、仔猫への思いを膨らませ、具体的に用意すべきことを調べ、時折オットに、「猫ちゃんが来たらここをこうしたらいいと思わない?」と言ってみたり。実は名前をどうするか?なんていう話までしていました。まだ会えないという焦れる思いもあったのですが、わたしもオットも冷静に仔猫と暮らす生活を検討することができたし、結局はこのくらい空いていて良かったのかな。

わたしたち夫婦行きつけの赤提灯の話も書いておきたいと思います。そこのお店にはマスコット猫がいて、お店にふらりと顔を出すことがあります。よく躾けられていて、走り回ったり、テーブルに上がったりすることは絶対にありません。(まあ、飲食店のマスコット猫だから、当然といえば当然なのですが。)とても性格のいい子で、わたし達夫婦は彼が大好き。お店で飲んでて運よく彼に会えると、膝の上に来る?とつい誘ってしまいます。ある日のこと、お店のマスター夫妻と猫話に花を咲かせていると、オットが『実は、うちも猫を飼うことを今計画中で、保護された仔なんですけども、今度お見合いするんですよ』と言い出しました。簡単に事情を聞いたマスターは、『お見合いって、でももう確定しちゃってるようなもんじゃないの?そういう事情ならさ』と。『そう、そのとおり・・・』と心の中では思いつつも、ただにっこりと笑うだけでお店を後にしたのでした。

さて、お見合い当日の23日。保護人の方がお世話になっているという動物病院に仔猫は預けられていたのですが、お見合い場所もこちらとなります。保護人AYさんと、間を取り持ってくださったAKさんも同席してくださいました。わたしたちが病院に到着したときにはお二人はすでに来られていて、すぐに面会部屋に案内されました。実は雌雄が逆だったと衝撃(?)の事実をさらりと受け聴き、保護人AYさんに紹介してもらった後は、早速、仔猫ちゃんの様子を観察です。ほんとうに小さくて小さくて、保護されてからすでに三週間ほど経過しているのに、なんでこんなに小さいんだろう、と思いました。やっぱり目がいくのは黒猫ちゃんのほうです。まだ小さいからか被毛もぼわぼわした感じ(けして、もっさりではない)、写真で見るよりなんだか寄り目気味で白眉が麻呂っぽい(笑)。「・・・もぐら?もしくは猫になったバーバモジャ?」なんて思いました。グレイ猫ちゃんの方はとにかく元気で、身体もひじきより少し大きめ。二匹で遊んでいても、ひじきはグレコちゃんに押され気味な感じ。実は、グレイ猫ちゃんは、保護時、しっぽを怪我していたために切断の手術を受けていて、かなり短めになっています。それでも根元からしっぽをフリフリしているのが愛らしい様子でした。

猫ちゃんとの対面&観察を済ませた後は、気になることを色々聞いてみました(途中から先生が顔を出してくださったので先生にも)。どちらの仔猫ちゃんも健康状態には問題無く、グレイ猫ちゃんは創部がもう少しよくなるまで預かりになるけれど、黒猫ちゃんのほうはいつでも引き取り可能ということでした。事前に、AKさんを通じて、黒猫ちゃん一匹を希望している旨伝えてあったのですが、こうして二匹に会うと、グレイ仔猫ちゃんのほうの貰い手はあるのかな?と気になって仕方ありません。オットはそんなわたしを軽くけん制しつつ、お見合いは終了となりました。

この後、4人でカフェでお茶をしながら、希望しているのは黒猫ちゃんの方であること、前向きに検討できると思うこと、本日中にお返事することを伝えました。 実はカフェに向かう車の中で「引き取る」と意見が合致したので、わたしはすぐにでも返事したかったのですが、入念にやりたいオットが今日中にというものでして。。

そして、帰宅したわたしたちはあらためて、黒猫ちゃんを引き取るという結論をだしました。グレイの仔のほうは、はじめて飼い主になるのに欲張るのは駄目だねとあきらめることになりました。彼女の良いご縁を信じてあげようねと。

そして、きっと待っていらっしゃるだろうからと、オットに促されて「黒猫ちゃんを引き取らせていただきたいです」旨、取り急ぎメールを出しました。


(6)に続きます。


◆ひじきがうちの子になるまでのお話Next → 
◆ひじきがうちの子になるまでのお話Top  → 




にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ

♪うちのこになるまで話、もうすこし続きます
どうぞ、おつきあいください。
読んでくださってありがとうございます。
ぜひ応援ポチお願いします



0 件のコメント: